オールで飲んでも意外に早く、ぱっちり目が覚めてしまった

最近では夜の12時を過ぎるとだんだんと眠たくなってしまうので、夜通し遊んだりお酒を飲んだりする機会も減ってきました。
いま考えてみると、20代前半の頃には、よくあんなに長時間遊んで騒げたものだと思います。
歳をとったというのもありますが、大人になったのか、あのときのことは完全に体力の無駄遣いだと思ってしまいます。
しかし、先日、友だちと出かけたときに、ついついテンションがあがってしまい、朝の5時までお酒を飲んでしまいました。
それほどたくさんお酒を飲んでいたわけではないのです、気の合う友だちといるとついつい話し込んでしまうものです。
帰っても寝るだけという寂しさを、少しでも紛らわせるためだったのかもしれません。
しかし、不思議なことに、家に帰って6時くらいにベッドに横になったのに、9時くらいに目が覚めてしまいました。
このぱっちりとした目覚めは良いものなのか判断できなかったのだが、もう一度寝るのももったいないので、そのまま起きていることにしました。
意外にそのあとも眠たくなることもなく、普通に過ごせたのだが、一体私の体はどうしてしまったのでしょうか。カードローン どこよりも簡単