ドラマ『この世界の片隅に』〜出演者のハマリ度〜

2018年夏ドラマで、期待値が低かったものの、今やトップクラスの
興味深いドラマとなった『この世界の片隅に』。

松坂桃李君演じる北條周作が、硬派でしっかり者で非常にかっこいい。
正確には、北條周作というより、松坂桃李君がかっこいい。
「和」の顔をした松坂君はハマリ役だと思う。
もしこれが、岡田准一君だと、ドラマ全体の雰囲気がガラッと変わる気がする。

そして、北條(浦野)すず役の松本穂香ちゃん。
彼女の演技は初めて観たが、ぼんやり、のんびりしている感がとてもうまい。
ただ、能年玲奈ちゃんもぼんやり系なので、
もしかしたら能年ちゃんでもハマっていたのかもしれない。

さらには、音楽。
久石譲さんとのことで、さすがだなぁと思う。

なにはともあれ、
ドラマ全体としての雰囲気がとてもよく、
1.4倍速などで観がちなドラマでも
毎回早送りなしで観あげてしまうのだ。
毎週日曜日が楽しみだ。
録画間違えがないように最終回まで楽しもうと思う。脱毛ラボ 選べる28