長年愛用した自転車を手放し新しい自転車を購入しました。

学生のころから長年愛用していきた自転車がとうとう壊れてしまいました。
今まで何回も自転車屋さんに修理を依頼して乗り続けてきたので、今回も同じように修理に出したのですが、今回ばかりは「そろそろ寿命かなぁ。今回なおしても多分違うところにすぐガタがくると思うよ?」と言われてしまい、とうとう乗り換えることになりました。
通学・通勤と、今までの私の思い出には愛用してきた自転車が必ず出てきます。
とても大好きな自転車だったので、手放すときは本当に悲しくて寂しい気持ちになりました。
新しい自転車は、以前自転車を購入してから今までずっとお世話になっていたお店で購入しました。
はじめは「オシャレな自転車にしようかな?」とも思いましたが、結局以前のものと同じタイプの同じ色の自転車にしました。
家族からは「なんでまた!?」と言われましたが、この子を2代目にして同じように大事に使いたいという気持ちが強かったのでそうしました。
今は2代目とともに毎朝通勤しています。
新しいのでとても快適に運転することができてうれしいです。
これからまた新しい自転車とともに新しい思い出を作っていきたいと思います。女性ホルモン